LINEで送る

長田から始まった空き縁ネット。

空き縁ネットとは、空き家・空き地・空き店舗の再生活用を目指す支援ネットワーク。

信頼しあえるつながり、「地の縁・人の縁」を通じて、地域を良くする事を目指す取り組みです。

 

 


相続問題や固定資産税減免など、様々な要因で空き家は年々増えています。

空き家が増える事で、どんな問題が起こるのでしょうか。

よく言われているのは「環境」「治安」の悪化です。

 
例:
 環境悪化ポイント       治安悪化ポイント 
 
害虫や動物が住み着く       ・不審者が入り込む
台風などで壊れる         ・ゴミ投棄や落書き(割れ窓理論)
庭の草木が伸びる
 
 
※割れ窓理論 窓ガラスを割れたままにしておくと、管理されていないと思われ、地域の環境や治安が悪化するという犯罪理論

しかし、いざ片付けるとなると、大変な労力や、案外、高額な金額が必要になります。
将来困らないように、こんなポイントを心がけてみませんか?

 
POINT1 家族で我が家の行く末を考えましょう。
 
行政書士 なかやま事務所
中山 真紀子
 
1・元気なうちに家族会議!
将来我が家をどうしたいのか、お正月など家族が集まった時に話し合いましょう。皆が元気で、余裕のあるうちに話し合っておくことが大切です。

 
2・「争族」にならないために
相続のトラブルは遺産が少なくても起こります。財産目録(負債も含めた)を作成し何があるか分かるようにし、相続する人を決めましょう。

 
3相続したら登記を!
不動産の売却や賃貸には、所有権移転登記が必要です。(自分の名義でないとできません)。ご先祖様名義のままでは、子・孫と相続人が増えてしまいます。

 

POINT2 片づけから始める「空き家」化の予防!
今は空き家でなくとも、多くの方のご実家や、
現在お住まいの家が将来空き家になるかもしれません!

一般社会法人モノコミュ研究所 山藤 美幸
整理収納アドバイザー
 
早めに片づけを始めるメリット
●片づけを通して親子や家族のコミュニケーションがとれます
●家の維持管理がしやすくなります
●近隣への気遣いが軽減されます
●「住む」「貸す」「売る」「解体する」といった次のステップに進めます

 

片付けのポイント1
判断基準は「要る」「要らない」
モノを残す基準判断は「使える」「使えない」ではなく、「要る」「要らない」。「今の暮らしに必要なモノ」「どうしても捨てられない大切なモノ」「捨てるか残すか迷うモノ」に分けて残しましょう。

片付けのポイント2
アイテム別にまとめよう!
モノを洋服、鍋、食器といったアイテム別にまとめ、更に「処分」「寄付・リサイクル」「残す」などに分けます。地域のゴミ出しルールに従って片付けましょう。

 

 
こんな活動を実施しました!
「K邸お片付けプロジェクト」

4月18~19日、モニター事例として、「お片付けプロジェクト」を実施しました。


(ビフォー)                                                                   (アフター)

主        催:空き縁ネット、一般社団法人モノコミュ研究所
実施体制: 一般社団法人モノコミュ研究所、雑駁商会、アグロガーデン神戸駒ヶ林店、
                片付けボランティア(長田区ボランティアセンター職員、
      ボラセン登録ボランティア、新長田あんしんすこやかセンター、主婦)
      神戸市まち再生推進課、空き縁ネット事務局
協        力:駒ヶ林まちづくり協議会、駒ヶ林婦人会、アグロガーデン神戸駒ヶ林店

実施状況:
■4月5日:片付け準備
要領を決める。持ち主に現況確認。

■4月18~19日:ボランティアと共に、片付け実施
4月18日 17人+所有者
燃えるゴミ、燃えないゴミに分けて袋詰。
4月19日 10人+所有者
燃えるゴミ袋を苅藻島クリーンセンターへ軽トラ延べ5台分運搬。
燃えないゴミ袋を布施畑環境センターへ軽トラ1台分運搬。

■4月26日 立ち合い2人+所有者
業者による庭と家周辺の片付け、リサイクル家電撤去。
本プロジェクトによる所有者の負担軽減:空き縁ネットの協力の下、自分たちで工夫した事により、事業者見積よりはるかに低額で済んだ。
金属類の売却などのリサクルや、アグロガーデン神戸駒ヶ林店での鍋引き取り(1点20円)なども活用。


活動内容

◎交流会
空き家・空き地の再生に関心のある所有者と利用希望者との出会い交流をします。
◎学習会
空き地化を防止するため、空き家・空き地を所有する人や地域住民の方で学びます。
◎空き家調査
空き家所有者のご了解を得て、内部の現況や活用の可能性について調査します。

 
連絡先
スタヂオ・カタリスト