LINEで送る

兵庫県・神戸市が協調し、新長田駅南地区へ各関係機関を共同移転する「新長田合同庁舎」
の工事がいよいよ始まります。
震災前と比べ、まちの活性化や賑わいという面では課題が残っている新長田駅南地区。
県・市の合同庁舎を建設することにより、大規模な事務所移転に伴い増加する職員約1,050人と来庁者によるにぎわいの創出や、県市税部門の集約によるサービスの向上と業務の効率化などの効果が期待されています。

・8階  (一財)神戸すまいまちづくり公社
・7階  【兵庫県】神戸県民センター(県民交流室)、住宅供給公社 神戸事務所
・6階  【兵庫県】神戸県民センター(県税事務所)
・2〜5階 【神戸市】本庁税務部門の一部、各区市税事務所
・1階  【兵庫県】神戸生活創造センター


去る10月3日(火)、新長田合同庁舎 建設敷地内(神戸市長田区二葉町5丁目)にて主催の兵庫県知事、神戸市市長の挨拶、庁舎の概要説明などが行われました。2019年6月の完成を目指し、いよいよ工事がスタートします!

昔ながらの透明ガラス瓶に入ったジュース「アップル」。
飲む事ができるのは地元のお好み焼き屋や駄菓子屋、銭湯などのみ。
実は製造している「兵庫鉱泉所」が瓶を回収して洗浄後に再利用する為、瓶の回収が可能な場所でしか販売できないのです。
今回は、そんなソウルドリンク「アップル」を新長田の二葉町4丁目で「街飲み」できる事になりました。
この機会に、「アップルという名前なのにアップルジュースではない」不思議なドリンクを体験してみませんか?


兵庫鉱泉所では個人の方へのバラ売りは行っておりません。
この機会にぜひ新長田を訪れて、味わってみてください。


丸五市場は、前身である丸玉市場の開業から100年、そして食のイベント「丸五アジア横丁ナイト屋台」は10周年を迎えました。


長い間、市民の生活を支え、積極的なイベント開催により街の活性化に貢献した功績をたたえられ、去る8月18日(金)に、丸五市場の劉備玄徳像前にて神戸市から感謝状を授与されました。