LINEで送る

「盆・お盆」とは、祖先の霊を供養する仏教の行事。サンスクリット語の「ウランバナ」を
漢字にあてはめて読まれた「盂蘭盆(うらぼん)」が変化した言葉です。
先祖供養の大切な日として7月15日と伝えらえてきたそうですが、近年の日本では
8月13日~15(または16)日頃に行われる事が多くなっています。

この時期、祖先の霊が子孫や家族の元に帰って来るとされ、盆の入りには迎え火を焚き、
祖先の霊をお迎えし、盆明けには送り火を焚いて送ります。
また、お盆の休みを利用して帰省する人も多く、家族・親族で連れだって墓参りをしたり、
久しぶりに団らんを楽しむ時期でもあります。

■ お供えする仏花の紹介


【左から】
洋風仏花 1束 598円(税別)
[園芸売場]
お盆にふさわしい花材を組み合わせた仏花です。

お盆用墓花 2束1対 1,980円(税別)
[園芸売場]
お盆にふさわしい花材を組み合わせた1対です。

お盆セットA 1束 498円(税別)
[園芸売場]
お盆らしい和花のセットです。

■ お墓のお手入れに便利なアイテム

墓石用・ゴシゴシスポンジ(アズマ工業) 599円(税別)
[線香・ローソク売場]
水だけで汚れが落とせる、ダブル繊維構造!
力の入れやすいグリップ付きで、広い面積も楽々掃除!


キエール コケ・カビ 599円(税別)
[線香・ローソク売場]

※お花についてはお盆シーズンに販売する物も含みます
※品切れの際はご容赦ください
※価格は2018年7月5日現在のものです(全て税別)

世界各国の人々が居留し、「国際都市」とも呼ばれる神戸。アグロガーデン神戸駒ヶ林店の
周辺でも多くの外国の方がお住まいです。外国の風習や過ごし方はとても興味深いもの。
今回は、ベトナム人のクォンさんにうかがった「ベトナムのお盆」についてご紹介します。
ベトナムも日本と同じように多宗教国家。
仏教徒が大半を占めるそうですが、キリスト教、イスラム教、ヒンドゥー教などの信者もいるそうです。
クォンさんが紹介してくださったのも、仏教徒のお盆の過ごし方です。
ご先祖のために食べ物を供える様子は日本と似ていますが、二ヶ所にご用意する事や、
お料理はやはり異国の雰囲気を感じさせますね。

※画像はベトナムのご友人達からご提供いただきました。

お供えは、家の中と外の二ヶ所に置きます。家の中に置くのは「祖先の魂」のために。
外は「家がない魂(浮遊霊)」のためのようです。

特設ページはこちら>